日本の英語教育の弱点とそれを改善するための案

日本の英語教育の一番の問題点は、必要以上に文法を正確に守り過ぎるところにあります。
実は、英語はかなりアバウトな言語であって、日常会話の中ではきっちりと文法を守る必要性は薄いのです。
フランクな話し方が、日本では間違いだと思われてしまっているのですが、実はそれこそが正解に近い場合も多いのです。
きっちりと文法を守る必要はないということを、教える側が認めるところから始めなければ、状況の改善は見込めません。
むしろ文法を離れて、まず最初にヒアリングをする方がいいかもしれませんね。
その次にスピーキングをして、文法は最後に回す方が、実用英語をマスターするためには近道になる可能性が大です。
実際に、ネイティブスピーカーは、英語の文法をきっちりと学んだ経験がないという人も多いです。
とにかく普段使われている英語を耳にして、そのまま口に出してみるという方法が、使える英語をマスターするためには一番いい可能性が高いです。