日本の教育現場にみる課題と改善案

日本の教育現場はいま、悲鳴を上げています。
特に先生一人にかかる負担があまりにも大きすぎることが問題視されています。
勤務時間以外も考えることが多く、精神を摩耗させて休職に追いやられる先生が多いので、この点を改善させていく必要があるでしょう。
まず、先生の負担を軽くする案の一つとして、部活動は専門の人に任せてしまうというものがあります。
現状では、多くの先生が授業が終わってから部活動の顧問をしています。
これでは、先生も心休まる時間が持てなくなって当然でしょう。
部活の顧問は、それを専門とする人たちに任せてしまうのが最善でしょう。
私立高校などでは、全国大会を目指すために外部から監督やコーチを招聘することがあります。
それと似たようなことを、中学や小学校でもやるというのが、一つの案となります。
単純に教員の数を増やして一人あたりの負担を減らすというのも悪くはないでしょう。
ただ、どちらにしてもコストはかかるので、予算の増額は不可欠になります。