教育の一環であることを忘れてはいけないのが部活動

日本の中学や高校では、本格的に部活動をさせることもあります。
学校によっては、相当ハードな練習をすることもあるでしょう。
全国大会を目指しているなら、朝練はもちろん、暗くなるまで練習に明け暮れることも多いです。
休日を練習に捧げるのも普通です。
スポーツによっては、将来的にプロになるために練習をしている生徒もいます。
スポーツ推薦で高校に入ったような人たちは、将来はその道で食べていくことが多いですね。
しかし、あくまでも部活動は教育の一環だということを忘れてはいけません。
高校野球の世界からプロ野球の世界に飛び込む人が多いからといって、それだけが目的になってはいけないのです。
教育として正しい行いかどうかという点が考慮されなければいけません。
したがって、勝つために卑怯な行為をすることや、エースピッチャーに無理をして投げさせるということも、批判されて当然でしょう。
勝つために何をしてもいいというのは、教育の現場にはそぐわない姿勢です。

放課後デイサービス 横浜市
指定事業者だから安心です

臨海セミナーの塾アルバイト

最新投稿

  • 教育について1

    時代の流れと共に、子どもたちの習い事も多様化してきている。
    英語は幼児期からやる子が多かったり …

    続きを読む...

  • 教育について2

    日本の英語教育の一番の問題点は、必要以上に文法を正確に守り過ぎるところにあります。
    実は、英語 …

    続きを読む...

  • 教育について3

    教育者になるためには、しっかりとした知識が必要になります。
    ですから、最低限大学には通っておく …

    続きを読む...

  • 教育について4

    日本の教育現場はいま、悲鳴を上げています。
    特に先生一人にかかる負担があまりにも大きすぎること …

    続きを読む...